雪深い土地だからこそ育まれた、

​豊かな食文化のある十日町

自ら山菜を収穫して、伝統的な保存方法で貯蔵し、調理する。

そんな「素材を最大限に活かす食事」が我が家にはありました。

古くからの料理方法や保存方法を絶やさず、新しい発見もしていきたい。

この土地の食の豊かさを守り継ぎ、

私なりの表現で料理のカタチを作りたい、そう思っています。

肉や魚だけでなく、作物や植物にも一つひとつ個体差がある。

どこにどう生えて、いつ収穫できるのか。

日当たりや水源、標高の高さや周りの木々の種類はどうか。

そのモノが根を張って生きているところをきちんと見るからこそ、

料理につながるインスピレーションが得られると実感しています。

食材の生育環境で、調味加減も変わる。

​「あなたはどのくらいで、おいしくなるの?」

--そう、素材の声に耳を澄ませます。

​                 

​                         弓削 朋子

プロフィール画像.jpg
IMG_5439.JPG

​店主

1977年新潟県十日町市生まれ。学生時代はクロスカントリースキー選手。競技生活を送る中、体つくりと食の大切さを

学ぶ。大学卒業後、料理の専門学校を経て、神奈川県北鎌倉の日本料理店「北鎌倉 鉢の木」や大阪北新地「割烹 福竹」、

東京新宿「くずし割烹 良庵」にて修業。結婚、出産後は

マクロビオティックや保育園の給食づくりも経験する。

十日町に帰郷後、農家レストランの立ち上げに携わる他、

地元のリゾートホテルで会席料理を再度学びながら、郷土の

食文化を探求。日々、十日町の食の豊かさに感動し、雪国に

暮らす人たちの忍耐強さ、熱い情熱に感銘を受ける。

2021年3月、郷土料理を提供する「ゆげ」開店。